FEATURES

KOTTの家の特徴
KOTT展示場 土間

ハウスメーカーが
本気でつくる
木の家

これまでハウスメーカーの家は、日本全国どこで建てても同じ品質を確保するため、無垢の木材を使用することが懸念されていました。KOTTの家では、木材の選別、施工精度を高めることで、その問題をクリアしています。

無垢の木を使うことは、気持ちよい家であるだけでなく、戦後、日本の山々に多く植林された杉の木をふんだんに活用するという、森のケアを実現させています。

KOTT展示場 外観

伝統工法と
デザインが出会う

通常の木造建築の2~3倍の木材を使用する。日本の伝統的な工法「板倉工法」が持つ、断熱性や耐震性や施工性、そこに建築家の作家性が出会うことで、KOTTは生まれました。

日本という土地に根を張り、長い時間をかけながら、成熟させてきた伝統的な工法と、生活空間の質を追求してきた建築家が協業することで、経済合理性をかなえた住まいでありながら妥協しない、現代的な問いに答える住宅を提供します。

板倉工法

板倉工法と
先端の断熱技術

KOTTの家には深呼吸したくなる理由があります

KOTTの家は日本のハウスメーカーで初めて「板倉工法」を採用しています。板倉工法は杉板をたくさん使用する為、日本の林業の活性化に寄与します。

板倉工法

01.板倉工法

圧倒的な木量が深呼吸したくなる理由です。KOTTの家は、日本の伝統工法「板倉工法」をハウスメーカーで初めて採用しています。
板倉工法は、柱と柱の間に溝をつくり、そこに杉の板を落とし込む工法です。床や壁、屋根など、通常の木造住宅の2〜3倍の木材を使用しています。室内は木のやわらかい香りが満ちています。

板倉工法 板倉工法

02.高断熱

温度変化が少ないことも深呼吸したくなる理由です。ふんだんに使用する杉の厚板そのものの断熱・蓄熱性に加えて、さらにその外側に断熱材を施した外張り断熱を採用しています。また断熱性能の高い、木製窓も採用し、夏はエアコン1つで家全体を冷やし、冬はストーブ一台で快適に過ごせる環境を実現しています。

真冬の東京で、暖房無しでも1時間で、
温度が0.4℃しか下がりません。
板倉工法
KOTT展示場 外観

KOTT WOOD に
ついて

木材全量検査について

KOTTの家で使用する木材(土台、柱、梁)は、全て「含水率検査」「強度検査」をしています。

含水率とは、木材に含まれる水分の割合です。JAS(日本農林規格)では基準が設けられており、ヒノキ、杉などの構造材の含水率は、土台・柱が20%以下となっています。梁桁はKOTT基準で25%以下と独自に基準を設けています。

KOTT展示場 土間

強度検査は、木口を叩きヤング係数を出します。ヤング係数(E)とは、木材の変形し難さを表す係数です。数字が大きいほど強度があるとされます。JAS企画ではE-50以上とされていますが、柱と梁はE-70以上、土台はE-90以上をKOTTの基準としています。

数値をクリアした木材に「KOTT WOOD」のシールが貼られます。