KOTT(コット)の目指す社会

「住まうことによって地域と社会とつながることができる家。買って終わりの消費される家ではなく、住んでからも手をかけながら愛着を持って永く住み続けられる家。」

単なる住宅提供におわるのではなく、森や都市、地域や暮らしの持続につながる大きな循環をつくりたいと思っています。

地域の木材を使い、地域に根ざした職人が、その地域の家をつくる。このシンプルな循環が日本の多くの地域で実現することで、日本の森と都市の関係が再構築され、社会はより持続的で豊かになる。そのような社会を目指しています。

KOTTに込めた想い

KOは、木立、木洩れ日などの「木」であり、戸建ての「戸」つまり、「家」のこと。Tという文字は、家に必要な柱と梁を象徴していると同時に、いつも木のことを考え(Think)、木に感謝する(Thank)気持ちを忘れない。という思いを込めたブランド名です。